「化学物質過敏症対応住宅」


今回の建物を創るにあたり半年前にケミレスタウン・プロジェクト」                      

に10名程で視察に行きました。場所は、柏の葉(千葉大)です。

「化学物質過敏症」とは、現在においては立派な病気であり、

その原因は千差万別~困ったことに何に反応するかわからない

…という他人にはあまり理解できないものです。                                

⇒(シック・ハウスもその中の1つ)


「ケミ・タウン」の実験棟では、それをいろいろな方向から研究し、

医師の立場から、建物の各部材を(数値)で示すというやり方

それなりの成果を上げています。(目に見えるということ


昨日着工の建物も、その1部は反映されています(極1部)が、

「ケミ・タウン」のいう「化学物質」の数値を下げるという事が、

無機質な空間を限りなく増やす事に繋がる危険と背中合わせに

なるような気がして⇒究極はほぼステンレスの家に住む?」

別な意味でココロの病が…。(数値の大切さは理解してますが)


なんか微妙だぞ。高須クリニックのCMくらい微妙だぞ?


sowaのブログ

4棟の中では「高千穂実験棟」断トツに高評価!

クリと白洲壁の温かい建物です

目に見えない「ココロの数値」もプラスになったようです。

sowaのブログ

とりとめのない文章になってしまいましたが、それだけ

「化学物質過敏症」が深刻であり、解りずらい病。

「100人にそれぞれ100の答えがある」ということ。


「ケミレス・タウンプロジェクト」の皆様方、ありがとうございました。

(ちなみにココの森先生~森鴎外の直系の子孫とのことです。)

また、ご協力戴いた(高千穂さんと大樹の会さん)に感謝です。


私たちは「化学物質過敏症」について研究している事務所や

素材メーカーとともに、日々勉強しております。


不明なことだらけですが、


これからも、

「子供のような心で、スポンジのように吸収しよう」

「器は小さくとも、アンテナは大きく広げていよう」

                          …と思っています。


        では、最後に(チョットいい言葉第2段)


「人生は掛け算、自分が0なら意味がない!」

↑この(0)って能力じゃなくヤル気!

                  

                  ↓


         ついでにもう1つ(少し柔らかめ)

      

                  ↓


「人生は夕方から楽しくなる(笑)…秋吉敏子」

                 

                山田く~ん、秋吉さんに座布団2枚!
                sowaのブログ

                    ジャズピアノの第1人者に失礼致しやんした。

  


本日[土壁のいえ]

「創和ネイチャーヴィレッジ」

にて地鎮祭を行いました。


企画から約2年…設計から約1年…の歳月をかけ、いよいよです。

365日分の想いが詰まっています。…感無量!

これから、ビオフォルムさんといっしょに2人3脚で走り出します。

いや、施主様を中心に3人4脚ですね。宜しくお願いします。


この建物は、当然、材料だけでなく、塗装や糊や細部までこだわっていて、

化学物質過敏症を意識した自然住宅となっています。

(施主様より頂いた本「アレルギーの人の家造り」

~とても参考になりました。有難うございました。)感謝です


担当の「ハーレー小俣」もココロに期すものがあったと思います。
sowaのブログ

ちなみに、今日の神主さん⇒「創和建設・不動産部」の西田御大です。

不動産屋は世を忍ぶ仮の姿?⇒その実態は神主さん(あれ?)。

もう1つ⇒「ハイキング・ウォーキング」の伯父さんです。(Q太郎じゃない方)。



すべてを厳選した国産無垢材(床は国産クリ材)等を使用。

sowaのブログ


壁は昔ながらの「土壁」、建具は「無垢スギ」、他もすべて…。

sowaのブログ

「トレ―サビリティ」もしっかりとしてます。

(生産段階からの流通経路)

sowaのブログ


仕上げは、たぶん「土佐漆喰」になる予定。楽しみです。

sowaのブログ

完成は9カ月後の来年4月頃です。

これから完成までの9カ月間、「化学物質過敏症について」

本当にいい建築材料・施工方法など、いろいろと

書いていこうと思っています。(…勉強…勉強!)


sowaのブログ
↑USー3(ジャズ+若干ヒップホップ)

「カンタループ」…ハービー・ハンコックの

「カンタロープ・アイランド」のサンプリング曲。

 ~どこかの不動産屋さんのCM曲…かなりいいぞ~

篠原哲雄の監督で、当時主役にミュージシャンの「山崎まさよし」の

  月とキャベツ

      という映画がありました。

その配役以上に話題にのぼったのが、景色や建物の穏やかさで、

それには「群馬県中之条町」の全面協力があったとのことでした。

まだ、「フィルム・コミッション」の言葉さえ認知されておらず、

役場の方々の苦労は並々ならぬものがあったと推測します。

sowaのブログ

映画月とキャベツ公開後、この中之条の町には、

廃校の旧第4中学校~その後伊参スタジオをはじめ、

ロケ地」となった場所に、たくさんの人達が訪れました。

       (私もその中の1人)

sowaのブログ

「眠る男」も同様で…

日本人が意識したフィルム・コミッションの先駆けであり、

小さな町が「1本の映画」で観光客を呼べることを証明した作品。

また行政(職員の中に映画好きがいたのかも?)がそれに関与し、

住民とともに(結果)意識的に町の活性化に成功した初めての作品?

sowaのブログ

それから、数々の映画がこの町で生まれ…。

sowaのブログ

TVドラマでも「眠れる森」をはじめ、今でも…。

sowaのブログ

最近では音楽の世界でも、「川嶋あい」のPV等…。

sowaのブログ

古くても良き建物はそのままに。景観を壊さない控えめな街…。

それも、「いかにも」じゃなく、キチンとそこで生活してる感があること。

背の高い建物は、空が狭くなるので駅のまわりのみ。

税金をいっぱいおとしてくれる工場の誘致も盛んでエリアを決めて集中。

キレイなだけじゃ食っていけないから、白鳥も水中では一生懸命

今、長野県には、こんな街がけっこうあります。(映画誘致もいっぱい)

松本市街・小布施市街・安曇野…都会から田舎まで素晴らしい。

ここ5年くらい「山梨フィルム・コミッション」とともに、かなり目立ってる。

「映像に耐えうる街」というのは「きれいで人の集まる街」なんです。

そこそこ人の入ってない緑は、自然の力が強すぎて決して美しくない。


だから、人の住める「美しい里山」に…。街の中とのメリとハリ!

sowaのブログ

sowaのブログ
sowaのブログ

都会から田舎まで「相模原」の伸びしろはまだまだこれから。

              ↓

映画の話から、最後は商売の話になってしまいました。…チャン・チャン!

ガンバレ! 相模原フィルム・コミッション

ガンバレ緑区!

ガンバレ創和!

sowaのブログ

では、1週間後にまた。再び女子チームにバトン・タッチだ~。

昨日お出かけして帰ってきたら、


玄関の前にポンと、トマトときゅうりが置いてありました。



sowaのブログ なので、トマトときゅうりを、切っただけの、

   

料理をしました。超簡単!!

なので庭のバジルを数枚使用。

sowaのブログ

とまとは、あまり好きではないのですが、

体のため、肌のため、肌のため、頑張らないと。あせる

あのジュルジュル感がいまいちなのですが、

そうもいってられない。

今さらおそいが・・・・ダウン

努力はしないと、グー

あーあーあの時代に日焼けをしなければいまごろは、

なーんて考えても遅い。んだけどね晴れ

まあ、パートちゃんのぼやきは、ここまで。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆簡単レシピです゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

sowaのブログ 材料:トマト・きゅうり 各1本

    バジル5枚位

    チーズ何でもこのみで

(モッツアレラチーズ)適量

    塩・こしょう  少々

    オリーブオイル 適量

作り方:

きゅうり・トマト スライスする。

チーズは適当にカットする。

       ↓

バジルはきざむ。

       ↓

あとは、盛り付ける。塩・こしょうを振ります。

     

オリーブオイルを かける。

  出来上がり!!ぜひ試してね。

sowaのブログライブ・ハウス」の最後の

ブログです。

1番お世話になった

(やはり最近ご無沙汰・ペコリ)

 ~シネマ・クラブ八王子                      

ジャズではなく、

ブルース&ロック

…たまにサンバ諸々

大箱の割に音も良くて、

                                                        

   店の造りも、ヘンリー御大                                                     

          …おみごと。(還暦?)

                               渋~いです。

    

    

  

昔は、駅よりの狭い店でしたが、
sowaのブログ

引越してからは、多摩地区でも

大きい箱です。 クラプトン        

~サンタナの超有名どころから                     

土臭いブルースまで、

また、当時発禁の反戦歌                        

イムジン河」もあり~の。 

締めは、ある年代のある大人達の週末☜

(ディスコで朝まで馬鹿騒ぎ…

  新宿/上高地で モーニング)    

         

   涙がでるくらいの名曲 「チークの王様」

       青い影 (プロコルハルム

      

 
sowaのブログ
物があまり無くて、裕福ではなかったが

ギターやサーフボードがあれば幸せで…

満たされていない分、行動力いっぱい。

想像力も…物がないっていいかも。

音楽も映画も社会も、ガンガン右肩上がり!

そんな、変革の(昭和25~35年頃)に生まれた、

1番幸せで個性的な大人達が集う店です

          

 

そして、曲紹介…今日はジャズではなくて⇒もちろんロック!

 ザ・バンド)
 ボブ・ディランのバックバンドだった泥臭い男たち。いつも汚いGパンをはいて、                            

 滅茶苦茶カッコイイ。とくにロビー・ロバートソン。

 「ザ・ウェイト」や「アイ・シャル・ビー・リリースト」は今聞いても心地いい。
 映画「ラスト・ワルツ」にその全貌が。

                   sowaのブログ

 

スタイル・カウンシル

 「ザ・ジャム」のポール・ウェラ―がつくったバンド。都会っこの代表みたい。

 「マイ・エバー・チェンジング・ムーズ」今でもたくさんのアーティスト達が

 カバーしている代表曲があります。チャラチャラしてそうに聞こえますが、

     詩を読むと結構深かったりします。渋谷・青山あたりで大はやり!

              とくに、「マイ・エバー」のピアノ・バージョンは凄い!
    

                    
                       sowaのブログ

(その他)

オールマン・ブラザーズ・バンド  
レイナ―ド・スキナ―ド(飛行機事故でメンバー半減、名曲・フリー・バード

KISS(ベス…などヘンテコバンドのわりにバラードが特筆もの)  
ホワイト・ライオン  二―ル・ヤング

ついでに ブルーハーツの「トゥー・マッチ・ペイン」 に 拓郎の「流星」  
そして「憂歌団」 ⇒ あ~ …懐かしい。←哀しいかな歳とった証拠。

sowaのブログ

  
「ジャズ」ばかり語ってきて、ここにきて「好き勝手」三昧~オレって、

雑食で節操がないだけ~次は演歌か?!

いい物はいい!

                  

       シネマ・クラブ 万歳 暇になったら 伺います。

ひき続き、創和建設㈱「女子部及びA型おじさんブログ週間」のはじまりです。