昭島の多摩川沿いに完成したこの家の特徴は、
何と言ってもキッチン周りの仕上げの‘モールテックス’。
楢の床との相性は抜群であえて幅木を無くしたことで、
モノリシックな風合いを愉しめる。

1

2

3

4

5

6

家は、設計図面だけでは建てることが出来ません。他にもたくさんの枚数のお客さまが目にすることのない図面を施行サイドがつくり、それを検討して現場に反映していきます。

先日は、6月着工の“八王子市・めじろ台の家”の打合せを実施し創和建設のスタッフや飯能市の設計士さんや大工さんそして市川屋さん(製材・加工)などが一堂にフォレスト津久井に集まり意匠との兼ね合いや細かいところの納まりまで総合的に 検討しました。

DSC08027

とくに創和は化粧品の木材が家の中から見えることが多い無垢と自然素材の工務店なので、構造と言えどもとても気を使います。

いつもながら和やかな雰囲気の中にも、凛とした真剣な空気が漂い、参加したみんなの心意気がヒシヒシと感じられる…そんな1日になりました。

DSC08025

DSC08021

“八王子市・めじろ台の家”… もうすぐ始まります。

DSC08028

DSC08029

目黒のアンビエックスさんに設計していただき完成した″イタヤカエデの家″。
窓枠・幅木などの造作材や仕上材そしてキッチン等における木の割合を出来る限り減らした独特の空間。
そしてこれには特別な意味がある。
床や階段は国産のイタヤカエデを使い、他にもホーロー・ステンレス・スチール
も選択、“シックハウス&アレルギー”や“化学物質過敏症”に留意した自然住宅。

この家に入ってまず感じること…ここにはとても凛とした透明な空気が流れている。
こんな家づくりもあるんです。

1

4

2

3

5

八王子の市街地に建てられたこの家は、
無垢と自然素材の住宅では、少し後回しにされる便利さをも追及。
そう、『すべてに譲れない』という家づくり。
外観と内部の空間のギャップは半端ない。

1

2

3

4

5

7 6

2019年05月12日

藤野・眺めのいい家

藤野の相模湖へ下る坂道の途中に建ったシックな家。

思いっきり和を意識した施主の希望が反映され、
外装は白と黒と濃いめの無垢で施され、あえて背を極限まで低く見せています。

2階に玄関とリビングを配置したこととバルコニーを壁で起ち上げることで、
お隣の家を視界から消して相模湖の対岸の眺望が確保できました。

         1

         2

         3

           4