洞窟の家

創和建設で外装で、圧倒的に多い“シラスそとん壁”の発売元の高千穂シラスさん。
このたび、創和建設は高千穂さんが提唱している“洞窟の家”のパートナーとなりました。
内装の薩摩中霧島・ビオセラなども、弊社の標準仕様と呼んでもいいくらいに多用しています。

そして、コレたぶん高千穂さんも気づいていないこと「シラス壁を使った家の世帯数あたりの密度(軒数)は、創和建設のある藤野が日本一ではないかと…家が少ないせいもありますが。」

今週中にはイベントにアップする3軒のそとん壁の家からなる“相模原・シラスの家プロジェクト”もそうですが、設計者・施主ともシラス壁が大好き。
これからも、どんどん増えていくと思います。

創和建設は、この“高千穂・シラス洞窟の家・プロジェクト”の他に、国産材を使った家づくりの“国交省・地域型住宅グリーン化事業…里まちネットワーク”“同チーム・ijuka”大地を守る会・らでぃっしゅぼーや・オイシックス関連の“自然住宅・安心家づくりの会”自然素材のリフォーム&リノベーション“相模原・住宅ストック…里まっち”埼玉県の家づくりを積極的に考えている“家づくり学校”“同・飯能スタイル”他、たくさんの事業と提携しています。
そして、それぞれの会には、それぞれやりたがりの人間がいて、みんなを引っ張っていってくれています。

1人より2人、そして1社より2社…ほぼ同じ方向を向き共通点が多い会社が集まることは、きっときっと力になっていくことを信じて。一生懸命やって、失敗したらやめればいいし…!(以上)

まだまだ先になりますが、2つの完成見学会を予定しています。

9月21日(土)八王子“曖昧の家”と、10月19日(土)愛川“建築家の家”の2軒。
すでに、見学希望の方も何名か来られておりますが、見学日1カ月前頃に再度webに掲載しますので、よろしくお願いします。

1年経っても価値が下がることが無い自然住宅の素晴らしさを感じていただけると思います。

大地を守る会・らでぃっしゅぼうや・オイシックスの会員の皆様には、“食も住まいも自然素材”と言う表題の私たちのチラシ(見開き4ページ程度)が入ると思います。ごっそりある自然食材の束の中に隠れてしまっているかもしれません…見つけて下さいね。

ともに、見学者数の上限を設けてありますので、早めのご予約をお願いいたします。

曖昧の家暮らしの見学会

愛川の家見学会

八王子 “めじろ台の家”上棟致しました。

設計は設計室en様、大工は八王子出身の坂口大工さんが担当します。

大きく出した軒、一階リビングからの吹抜けも開放感があります。

内装材にはクロスではなく漆喰仕上げ、床には無垢材と体に優しい作りになっています。

お施主さんによるセルフビルドと、どんな家になるのか今から楽しみにしております。

2F7BF15E-B16A-4374-AC7F-ABDEA5FD1837

8D6B35D0-F580-427A-B5EF-98355B424ABA

2019年07月12日

還暦祝&暑気払い

梅雨らしい梅雨…といえば、そうなんですが、毎日いつ降るかわからないお天気が続きますね。

上棟前の監督は、天気予報とにらめっこして、ヤキモキしています。

梅雨が明けて暑くなると、それはそれで「暑い暑い!」と言い出すので、人間わがままですね~。

 

先日、監督&不動産部が、相模湖のレストランで「暑気払い」という名目で集合!がかかりました。が、本当は「還暦祝い」。

創和には今年還暦が二人。社長と岡部、一級建築士ペアです。

岡部:「俺はまだ還暦じゃない!」と抵抗してましたが、誕生日まであと数か月でしょ(笑)

IMG_6478

「赤いちゃんちゃんこは着たくない!」と言いそうなので、特に用意をしていなかったのですが、

社長自ら手元にあった赤いナプキンを首にかけて「還暦、還暦」と、はしゃいで?いました。

IMG_6484

 

この後、たくさん美味しいものを食べ、これから暑くなる夏を元気に乗り切って、年末までがんばろ~と楽しい時間を過ごしました。

創和 藤野 工務店

 

さて、この境界線…なんの堺でしょう?

ご想像にお任せします!メンツを見ればわかりますか?!

昨年完成した東京都八王子市と多摩市の境あたりに建てられた“紡ぎの家”。
外装及び内装ともにシラスそとん壁を使った、ちょっと高級でどっしりとした2世帯住宅。

約1カ月をかけての敷地の左半分の芝張りと庭造り(1期工事)が完成。2期工事は、涼しくなってからの薪小屋・アプローチを含む右半分の造園となっていく予定。

3 1

2

創和建設の建物は、車庫・アプローチなどの外構を新築時に一気に施工することはほとんどありません。施主様がお引越しをされ暫く暮らされてから、リビングからゆったりと庭を眺め、外から家を眺め、庭をどのように使っていくかを考えながら創っていくことが多い。家によっては畑や造園が主役の外構も少なくない。それによって、玄関までのアプローチの動線は湾曲したり90度曲がったりします。もちろん車庫も敷地と直角じゃないことも普通。そして、出来る限り冷たいコンクリート素材やアルミなどの既製品をなるべく使わない庭を考えていきたい。

4 5

どうしたら家が美しく見えるのか…どうしたら庭が美しく見えるのか…、それはお金のかけ方や規模に関系なしで、その家に合った庭がありその人に合った庭がある。

根性が曲がっているせいなのか、縦横直角の外構があまり好きではなく…、
「分譲住宅にあるような定規で書ける外構にしない。必ず手書き(直接地べたに書くことも多い)で書くような柔らかく創造的な外構にしていく」…最終的にはセンスと腕のいい造園・外構の職人さんと付き合っていくということなんですが、(家が出来た⇒車をココに⇒アプローチはココに⇒余った場所に植木)ではなく、(家が出来た⇒ここにシンボルとなる緑を配置⇒それを邪魔しないようにアプローチと車庫をバランスよく)という具合に考えていきます。メリハリをつけながら、外構よりも造園のほうがちょっと上にくる感じです。

来年、残りの庭をつくる予定の“紡ぎの家”。施主共々、私たちもとても愉しみです。すべてが完成した折には、また創和のウェブサイトでご紹介します。