川越での家づくり(家づくり学校)という雑誌に創和建設が掲載されました。

川越本表紙

 

掲載されている写真の一部を紹介します。

柱梁の構造材をすべて見せた、金物を使わない小舞土壁の伝統工法の 相模原の「小舞・土壁の家」

健康 建築

 

ほどよい広さと、少しの便利さ…それが家族の居場所をつくる「日野市 豊田の家」

自然素材 工務店

 

大切なのは「抜け感」と「素材感」。長期優良住宅や低炭素住宅を確保しつつも、豊かな発想力で内と外が自然とつながり、光と風に包まれる空間をつくり上げる相模原の「つどいの家」

国産 無垢材

 

アンティークとモダンが調和したカフェのような家。手作りのランプシェードやリネンが施主の「大好き」を拡げてくれる 相模大野の「はじまりの家」

相模原 自然素材 (1)

 

光をとりいれた風を誘う心地よいすまい 相模原市「みはらしの家」

クリア仕上げ2_R

予算の中で「ホンモノであること」と忘れずに(描く人・造る人・住まう人)みんなが想いを紡いでいく。

家づくりで「ホントに必要なものって、そんなにたくさんは無いのかもしれない」。