創和建設の家プロジェクト“minotakeの家”のN様邸の木工事が完了。

現在、板金・左官・塗装工事など仕上げに入っています。

外部はガルバリウムの樋の工事、塩ビに比べるととっても長持ち。

相模ルーフさんが、タニタの樋を丁寧に加工取付をしています。

内装は、漆喰塗りのための下地処理。川俣先生頑張っています。

今年もいつも通り少しも休まず一生懸命働いてます。

これから先、木建具・家具・電気・設備等々、一気に職人さんが増えていきます。

共通しているのは丁寧であること。この方々のおかげで創和の家が成り立っています。

1 2

3 4

5 6

7 8

茅ヶ崎の辻堂にてリノベーション着工しました。

創和建設事務所から約1時間、圏央道ってやはり便利。

都心との距離的にはもっと近いところに比べても早い。

2世帯の住みながらのリノベーションですが、

弊社のどんなリノベーションにも対応できるという振り幅の広さが生かされる現場だと思っています。

湿気に強く断熱性に優れた家になっていきます。

最近とても多くなった湘南地域は、独特の感性があってとても面白い。

里から海へ…茅ヶ崎の家の着工のお知らせです。

1 2

3 4

創和建設は、マンションや事務所ビルの改修もやっています。

自然素材の木造住宅に特化する以前は、普通に箱モノや

公共の学校・施設の新築・リフォームもやっていました。

監督や大工さんはじめ職人の人数も多く、忙しいこの時期でも

なんとかなることが多いです。

むきだしのALCやコンクリートの内装が一変、

とてもきっちりとした空間が現われました。

現場監督は、山田監督…監督のプロと言えます。

昭島の家に続いてのお引渡しです。

1

3 4

師走前の完成を目指し現在施工中の軽量鉄骨造のハウスメーカー住宅のリフォームです。
屋根をガルバリウム葺き、外装を全塗装、内装は創和特有の無垢と自然素材に、そして水回りを配管及び器具取替えという、ほぼすべてにわたるリノべ。

限られたご予算の中、満足できる空間づくりのリフォーム&リノベーションのコツは「範囲を広げすぎて、コストをばらけさせすぎない」ということがあります。すべてにちょっとづつコストをかけることで「リフォーム前とあまり変わってないね~」という悲惨な結果になります。ここ八王子のリノべ現場は、2階にはいっさい手を付けず、最低限しなければならない外装と水回りや配管の改修、そしてプラスαのメインのリビングを自然素材で仕上げていくという有効なリフォームとなっています。現在、内装が完成し、残るは外装のみ。12月20日頃には完成する予定。

今年の創和は、お陰様で新築30軒だけでなく、古民家再生を含むリフォーム&リノベーションも数多く施工しました。web更新も来年に延ばしましたので、お披露目は今しばらく先となりそうです。

IMG_0252 IMG_0254

P1190746 P1190752

八王子駅まで中央線で約20分の藤野町…

フローリングは無垢の杉板温かみがあります。

池辺さん設計の自然素材をを使った白い平屋。

7月に上棟してからもう11月の寒い季節になってしまいました。
この辺り3件は全て池辺さん設計のかっこいい家。
外壁はどれも火山灰を使った外壁、3件とも違う色を選んでいてそれもいい感じです。

今回は打合せ途中に出来た隠れ家的な場所も梁の上に出来ました。

IMG_9071 IMG_9070

IMG_9066 IMG_9067

IMG_9056 IMG_9065

IMG_9050 IMG_9059