この度、埼玉県飯能市の自然素材の家の完成見学会を開催いたします。

構造に地元・西川材を使い“設計室en”の小野和良氏の設計による、風の流れやお日様の恩恵をたっぷりと享受できる抜け感たっぷりのパッシブな空間。
外装には無垢材とシラスそとん壁、内装は国産無垢杉と漆喰という素材感に満ち溢れた自然住宅になりました。
このような時期のため、一度に複数の見学者で密になることを避け、同時に見学される方は、少なくとも1階2階に1組づつと限定させていただきます。
そのかわりに、見学会の日程を祭日・祝日で5日間開催いたします。
ご希望の方は、事前にお申込み下さい。設計室enの小野さん・創和建設の志村・山口が担当ご説明ご案内いたします。

自然住宅の心地よさを、ぜひ体感してください。お待ちしています。

日程
2月23日(祝) 2月27日(土)  2月28日(日)  3月 6日(土)  3月 7日(日)
また、平日希望の方は、2月24日(水)~3月5日(金)までの日程で、前もってご連絡下さい。

ご希望の方は、メール及びお電話にて日程・お時間・人数をご連絡下さい。
メール…tkk@muh.biglobe.ne.jp
電話… 042-687-6400 創和建設 まで

(現場住所等)
埼玉県飯能市〇〇…住所等は、ご連絡をいただいてから、こちらから詳細を送ります。
駅から徒歩は厳しいと思います。お車でお越しください。現地にお車は停められます。

(注意事項)
予約の無い方は、当日突然来ていただいてもお断りする場合がございます。
大人・子供に関わらず、当日検温・マスク着用・現地に準備してあるアルコール消毒を厳守してください。

創和建設株式会社 山口・志村

👇リンクをクリック!!

飯能住まい広告案808

埼玉県飯能市続いて日高市にも創和の自然住宅が上棟しました。
無駄に大き過ぎず便利過ぎず、抜け感素材感に溢れた木の家。
しかし、建ったらかなり大きかったです。
吹き抜けと1階のピアノ室が建物に変化を与えています。

なんばー2 なんばー3

設計は、小さな家が大好きな飯能在住の設計室enも小野さん。
この家も、太陽と風の恩恵をたっぷり享受出来るパッシブな設計となっています。
個性豊かな自然素材の家になります。完成を楽しみにしてください。

また、2月23日から3月7日まで、密にならないよう長い期間をとりましたが、
希望者があった場合のみ、飯能の家の見学会を開催します。ご希望の方は、
創和建設にメールまたはお電話を…担当の山口か志村から詳細をお送りいたします。
創和建設、今年も埼玉県で頑張っています❗️

kishino01 kishino02

東京都八王子市の住宅街に完成したこの家は、創和建設の標準仕様とも呼べる
(八王子のお隣)神奈川県相模原市の地域材の無垢構造+オール自然素材で出来ております。

kishino03 kishino04 kishino09

3p kishino05 kishino08

ただ、いつもとちょっと違うのは、外装が高千穂さんのシラス・そとん壁ではなく、真っ白なスイス漆喰(相模大野の家と同様)と素焼きの煉瓦仕上げ、そして窓3か所に住まい手の希望された優しいステンドグラス(山梨県上野原市に移住され長年活動しているアーティストの尾崎さん時間をかけて製作)が目を引きます。

IMG_0035 p2 IMG_0036p

kishino15p kishino14

外回りは、これから造園屋さんが入って、どんどん素敵になると思います。

kishino19 kishino12 kishino16

2回目の職人さんのご紹介。今回は、創和建設の御大、中村棟梁!
山梨県上野原市在住の大工さん。

1

木組みの伝統工法の家をコツコツつくる刻みのプロで、
いつも温和で笑顔の絶えない大工さん。
15歳で大工の道に入り56年間ずっと家づくりに携わっています。
15+56=71……71歳…?…(凄い!の一言)
今まで、大きな病気無し、入院歴無し。これも凄い!

趣味は、酒と畑と古いビンテージの車が好きらしい。
そして、休みの日は、大工道具の手入れに忙しいらしい。
お酒を飲むと、ちょっとニコニコ可愛くなったりという噂も…。

息子も大工さん…中村公彦君。DNAってたいしたものです。
オヤジさんに負けず劣らずのピカイチの大工さんになりました。

2 3
4 5

JR中央線・京王線だけでなく、国道16号と20号が交差する東京都八王子市。中央道・圏央道と高速道路も走り、とても便利な街。そこに間もなく完成する“ステンドグラスとスイス漆喰の家”。大和田町の創和建設・八王子営業所からも至近。

1.外観 2.スイス漆喰
3.素焼きレンガ 4.無垢と漆喰の内装

スイス漆喰とレンガ以外は、純国産に拘りぬいた施主のKさん。
玄関アプローチの床は石を敷き詰め、壁は素焼きの煉瓦。
そこからリビングへ…迫力の吹き抜け空間が広がる。
来週設置される予定の3枚の大きなステンドグラスを待つように、
未だに足場が組んであります。ステンドグラスは山梨県上野原市の
アーティストの尾崎捻成さんが担当します。

あと約2週間…真っ白なスイス漆喰の外壁が、もうすぐ景色の一画に現われます。

5.無垢と漆喰の内装 6.天井の羽目板
7.玄関アプローチの石張り 8.太陽光発電