創和のモデルハウスとエコ・アパートのある藤野のエコ・ヴィレッジ。
小高い丘に美しい桜並木が、モデルハウスへ来られるお客様を出迎えてくれます。

1 IMG_2876
IMG_2887 IMG_2919

地産地消の無垢材と自然素材で全てを作り込んだモデルハウスの大きなフィックス窓からは、1年のうちのほんの短いこの季節だけのお宝のような桜の風景が眺められます。
桜荘の名前を持つ創和・エコアパートも同様に、全てが南側のこの景色を持つ方角
に開いており、賃貸であることを忘れてしまうのではと思います。

IMG_2913 IMG_3066

お客様との打ち合せの前後に、この場所でぼーっと出来る贅沢
「建ててよかった、作ってよかった」としみじみ思います。
桜の花の隙間からは、うっすらと藤野のシンボル“緑の山のラブレター”が望めます。

このエコ・ヴィレッジへ行くのには、どこから行っても相模川の橋を渡っていきます。
途中、こんな風景を眺めながら…とても心地いいです。

IMG_3008 IMG_3026
IMG_3029 IMG_3031

モデルハウスもお申し込みは、お電話またはメールにて受付中です。お気軽にどうぞ。

1 2

創和建設の家づくりが多い(特に最近増えてきた)街、玉川学園の町。
私のイメージでは、学生が多い、坂が多い、お金持ちが多い、そしてお洒落。

遠藤周作、森村誠一、赤川次郎、片岡義男、えがしらみちこさんなど
多くの作家さん達に愛された独特の文化を感じます。

そして、素敵な建築もたくさんあります。

そんな玉川学園の街に完成したこの家は、三角形と四角形を不思議な感じに組み合わせた間取りや空間がよくわからない家。
こんな間取りにした理由は南東に唯一残る小さな緑の公園を生かすため。

6 7
4 5 8
9 11 12

住宅街でも、真南に隣の家があっても豊かな暮らしが叶うというお手本のような家になりました。

2022年04月11日

カフェ ハシドイ

こんにちは!
段々と暖かい日も増え、外へ出る足取りも軽くなってきましたね。

ハシドイ_外観 ハシドイ

さて、先日は創和建設スタッフ数人で、カフェ【ハシドイ】さんにお邪魔させていただきました。

医院と併設されていた蔵を改装した、上野原の市街地にひっそりと鎮座するカフェ。
中はカウンター8席と、少人数制。
落ち着きのある、どこか懐かしい匂いのする空間で、つい長居をしそうになります。

キッチン グラス

今回は、お昼ご飯に、マジパンのヴィーガン卵サンドとコーヒー、デザートにモンブランを注文。

こだわりのコーヒーは、ドリップの最中から香ばしい香りが広がって、ひと口飲めば、知識のない私でも「あ、このコーヒー美味しい。」とわかります。
コーヒー独特の苦みがありつつも、まろやかで、口の中に残る雑味のようなものが一切ありません。
胃の中にスッと流れていく…まるで水のようにグビグビ飲めました。(笑)

コーヒー

卵サンドとモンブランも、どちらも優しい味で、見ても、食べても、とても美味しかったです。

モンブラン

また、マスターの彩荷さんは、とても優しく気さくな方。
お話しを伺っていると、インテリアはご友人の作家さん達が作ったものが多く、
やかんなどの調理器具も、古物市などで目に留まったものを使用しているのだそう。

ハシドイという場所は、彩荷さんの繋がりとこだわりによって創り上げられているんだなぁ…と感じました。

まだハシドイへ行ったことがないという方がいらっしゃったら、ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか?

ちなみに“ハ・シ・ド・イ”の意味は…みなさんネットで検索してくださいね〜。

創和建設が昔から加盟していた『大地を守る会・自然住宅チーム』。
今は、『大地を守る会』と『オイシックス』そして
『らでぃっしゅぼーや』の会員さん向けの家作りに移行。

東京、神奈川、千葉、埼玉の10社ほどの仲間たちが、
皆頑張っています。

チラシには『食も住まい自然素材』と書いてあります。

image_55415491

今のチーム名は『自然住宅・安心家づくりの会』です。

もうすぐ、上棟を控えたK様は、土台の桧を自らセルフで、
防蟻塗り。自然な防蟻材のホウ酸を使用。

IMG_2370 IMG_2378

大工さんの土台伏せの日程に合わせて現場に張り付いて
いただきました。結果は ‟オ・ミ・ゴ・ト”。

その横ではS様邸の基礎部分を清水さんが施工。
鉄筋をとても丁寧にしっかりくみ上げております。

IMG_2404 IMG_2385

この2軒の先には、創和建設で数年前に建築した家が2軒。
計4軒の自然素材の家が年末には、いい景色になっていそうです。